2014年8月

  • IMG_0068

    さくらい農園では調理用トマトの栽培に初挑戦しました。只今、収穫出荷の真っ最中です。

    品種は、一流レストランでも使用され最近注目を集めている調理・加工用トマトの傑作「シシリアンルージュ」です。

    ウチではビニールハウスではなく、露地の畑でゴーヤを栽培するような方法のソバージュ栽培(放任栽培)を行なっています。初の試みなのでドキドキでしたが、なんとか収穫まで漕ぎ着けました。

    「シシリアンルージュ」の特徴は、ピンク系大玉トマトに比べて機能性成分のリコピンが約8倍、旨み成分のグルタミン酸が約3倍も多く含まれているんです。また、水分量も少なく、調理しても水分が逃げないので加熱調理に向いています。

    もちろん生食でも大丈夫ですし、十分美味しいです。尚かつ、加熱してこそ旨味がグーンとアップして本来の力を発揮するトマトなんです。

    さくらい農園の「シシリアンルージュ」も宜しくドーゾ!